ホーム > 健康 > 水素水:ボトルや水量について

水素水:ボトルや水量について

水素には、他の物質と容易に結合すると言う特性があります。そしてその際の反応によって、その物質を中和、還元する作用も持っています。

 

つまりその水素が含まれている水素水を摂取することで、体内の良くないもの、活性酸素と水素が結びつき、還元され除去されると言うのが、水素水が健康に良いと言われている理由です。

 

活性酸素は紫外線やストレス、喫煙習慣や運動不足などによって体内に発生します。そして細胞にダメージを与えるため、疾病や老化の原因とも言われている、健康にとっても美容にとっても大敵と言える存在です。ただし、水素水を摂取することで活性酸素を除去しようと言う場合、ボトルや水量に関しては注意が必要となります。

 

それは、先述したような性質を持つ水素は、非常に大気に発散しやすい物質です。ですから、容器の封を切ったが最後、たとえしっかりと蓋を閉めていたとしても、どんどんと水素は抜けていってしまっています。

 

そのため、一度に大量の水素水を容器に入れたとしても、それをその場で、もしくは短時間の内に飲んでしまわなければ、水素の力を体に取り入れることは難しいのです。

 

またボトルに関しても、少しでも水素を長持ちさせたいのであれば、やはり蓋をきっちりと閉めることができるものが望ましいです。特にアルミ製のものであれば、水素の発散を抑える効果が高いとされています。

こうしたことから考えると、水素水の力を最大限、体に取り入れるためには、アルミパウチやアルミ缶、アルミボトルが容器としては望ましい。

効果の高いおすすめ水素水とはこのような容器に入ったものの事をさすのです。

そして水量は一度に、もしくは少なくとも開封後、2~3時間以内には飲みきることができる量が望ましいと言えます。


関連記事

アンチエイジングに良い食習慣
加齢によって起こってくる老化を抑制して、身体の機能的な衰えを予防、改善していくも...
水素水:ボトルや水量について
水素には、他の物質と容易に結合すると言う特性があります。そしてその際の反応によっ...